モバイルwi-fiルーターを徹底比較!ショップよりも安く買う方法とは? HOME > モバイルルーターを使う

モバイルルーターを使う

ルーターとはネットワークを接続するための機器で、一般的には家庭や会社に置れて、屋外でインターネット接続出来る環境はありませんでした。最近ではスマホの普及に伴い、屋外でのインターネット接続のニーズが高まり、これに対応したものが「モバイルルーター」です。

スマホだけでは通信速度に限界がありましたが、通信専用の回線を利用することによって飛躍的に通信速度がアップしました。

モバイルルーターのメリット、デメリットをカンタンにまとめてみました。

■モバイルルーターのメリット

・どんな場所でも自由に高速通信が可能
・独自バッテリーを掲載しているので電源が不要
・データ専用回線を使うので、同じ通信規格でも速い
・使い方や設定がカンタン


■モバイルルーターのデメリット

・使用する場所の環境で通信速度が違ってくる
・独自バッテリーなので電池切れに注意

■スマホとモバイルルーターは同じ回線でも通信速度が違う

スマホもモバイルルーターも、3G、LTE対応になっていますが、同じ回線でも通信速度は異なってきます。スマホは音声通話などにも回線が使用されますので、モバイルルーターよりも通信速度は遅くなりがちです。また、スマホにも通信量制限がありますので、一定の通信料を越えると極端に通信速度が低下してしまいますので、モバイルルーターを上手に活用したほうがいいでしょう。

■LTEは3Gの10倍の通信速度

現在モバイルルーターで使用されている通信規格は3G回線とLTE回線です。3G回線は通話エリアが広く、日本全国人が住んでいるようなところなら繋がります。LTEは高速通信が可能な次世代規格です。LTEエリアから3Gエリアに入ると電波は自動的に3Gに切り替わります。

LTEの受信時(下り)通信速度は110Mbpsと3Gの14Mpbsの約10倍の通信速度になっています。その分、LTE利用時にはバッテリーの消耗も激しくなります。LTE通信では3G通信の2~3割アップで電池が消費します。モバイルールーターを選ぶ時には、バッテリーのスタミナもポイントになります。