モバイルwi-fiルーターを徹底比較!ショップよりも安く買う方法とは? HOME > Wi-Fiのメリット、デメリット

Wi-Fiのメリット、デメリット

■Wi-Fiのメリット①

・ケーブルの長さを気にる事なく、自由に機器を設置することができる
・電波の届く範囲なら、工事不要でどの部屋でも使うことができる

有線LANでは使う場所が限定的で、ケーブルの届く範囲しか接続できませんし、接続口のない部屋で工事が必要になるなど、気軽に使えませんでした。その点、Wi-Fiならば電波の届く範囲ならどこでもデータ通信環境を手にすることにできます。

■Wi-Fiのメリット②

・有線だと必要な分配器が不要
・新たに機器を追加する場合や、来客からの接続も簡単

新しくパソコンなどをインターネットに接続する機器が増えた場合に、有線LANだと分配器などを使う必要があり、その分の場所を取ったり電源を確保しなければいけませんが、Wi-Fiの場合なら複数台数は同時接続できるようになっています。

来客が合った時には、IDとパスワードを教えるだけで簡単にインターネットに接続することができます。

■Wi-Fiのメリット③

・一台のプリンタをワイヤレスで複数のパソコンで共有できる
・ゲームやオーディオ、家電などにワイヤレスで接続できる

Wi-Fiはインターネット接続だけにとどまらず、複数のパソコンから1台のプリンターを使用することができます。今まではプリンターの近くまでパソコンを運んだり、データをUSBに保存してプリンターに接続しているパソコンで印刷するなど手間がかかりましたが、Wi-Fiを利用すれば家中の好きなところから印刷を利用することができます。スマホの写真の印刷にも非常に便利です。

音楽を聴く時もスマホやパソコンに保存しておけば、Wi-Fiを使って各部屋のオーディオやスピーカーで再生することができます。ゲームなどの通信も可能になります。

■Wi-Fiのメリット④

・通信スピードのWi-Fiが飛躍的にアップした
・大容量のデータ通信も可能

一昔前の無線LANでは通信速度が遅かったですが、最近のWi-Fiは有線LANとの違いが分からないほど快適に通信が出来ます。これによって、映画などの大容量を各部屋に転送することが可能になりました。

■Wi-Fiのデメリット①

・バッテリーの持ち

機種にもよりますが、長時間ネット接続をしなければバッテリーは1日くらいは大丈夫です。通信が無ければ自動的にスタンバイモードになって節電する機能もあります。あまり大きなデメリットだとは思いませんが、自宅にいる時は充電を忘れないようにしないと、外出先で電池切れになってしまいます。
 
■Wi-Fiのデメリット②

・契約が複数になる

モバイルルーターを使用する場合には、スマホとは別の回線契約が必要になります。ただ、これもスマホのデータ通信パックの料金と同じかそれ以下で、モバイルルーターが利用することができますから、スマホの通信設定をモバイルルーター接続にしておけば、むしろ使用料金の節約になります。

■Wi-Fiのデメリット③

・通信速度が安定しない

各通信会社が公表している、通信速度は「ベストエフォート」、いわゆる理論上の最大値であって実際に通信速度を測定してみると、スペック通りの速度は出ない事が多いです。中継局との距離や周辺での利用者の数によっては、通信速度が遅くなることもあります。高速通信のLTEエリア外になると、自動的に3G回線というやや遅い接続に自動切り替えになってしまいますが、一昔前の無線LANとは違って通信速度の底上げがなされていますので、読み込みにイライラするようなことはありません。

■Wi-Fiのデメリット④

・建物の奥などではつながらない事もある

通信会社が使用している電波の種類にもよりますが、建物の奥などではつながりにくいこともあります。電波の種類によっては、地下も強かったり、山岳地でもつながりやすかったりしますので、契約前に通信会社の電波の特長をしっかりと調べておく必要があります