モバイルwi-fiルーターを徹底比較!ショップよりも安く買う方法とは? HOME > 3G、4G、LTEの違い

3G、4G、LTEの違い

スマホやモバイルルーターを選ぶときに3G、4G、LTE、Wi-Fi、WiMAXなと、専門用語が飛び交っていますが、ここではそれぞれの特長を分かりやすく説明します。

・3G

Gはgeneration(世代)の略で、3Gとは「第3世代移動通信システム」のことです。NTTドコモの2「FOMA」、auの「CDMA2000」、ソフトバンクの「ソフトバンク3G」などが代表的なものです。大容量データ通信の幕開け期と言えます。

・4G

「第4世代移動通信システム」のことで、細分化すると現在(平成25年)主流になりつつあるLTEとWIMAXなどで、さらに高速化さた次世代規格である、LTE-AdvanceとWIMAX2なども含みます。

・LTE

3G回線をさらに高速化した新規格の総称で、3.9Gとも呼びます。4Gへの橋渡し的な役割を目的とした中間技術です。NTTドコモの「Xi(クロッシィ)」とイーモバイルの「イモーバイルLTE」などのことを言います。データ通信速度は、下り最大112.5Mpbsと上り最大25Mpbsとなり、利用するには専用端末が必要になります。

※上り・・・・データを送信すること
 下り・・・・データを受信することで一般的に下りが早ければ、インターネット接続が早くなる